2010年01月26日

夢をかなえるのはゾウではなく・・・

今更ながら、ではあるが「夢をかなえるゾウ」を読んでみた。ちょっと前にベストセラーになってたので、どんな本か読んでみたいとは思っていた。しかし時は流れ、2007年の本をようやく読むことができた次第。ホント今更、である。

感想としては、なかなか面白かった。
ドラマ化もされてたので小説かと思っていたが、中身はハウツー本、というか自己啓発本である(著者の他の本を見ればすぐ分かることだけど)。「夢をかなえるゾウ」たる「ガネーシャ」と主人公の「僕」とのおかしな毎日を通して、自分を変えるための方法が語られていく。その方法とは、誰もが知っていることだったり、知っていても実行できていないことだと改めて気付かされるのではないだろうか。

そしてこの本のツボは、「ガネーシャ」と「僕」のキャラクター設定にある。
自称神様、なのに関西弁をしゃべり、数々の偉人達を「くん」付け呼ばわりで、悪戯はするわパチンコに行くわ、性格もお世辞にもいいとは言えない「ガネーシャ」。一方ハナからガネーシャを疑い、彼(?)に振り回されながらも時には暴力も振るって対抗し、それでも彼の教えを守って少しずつ変わっていく「僕」。その関係は、信仰が揺らぎ絶対的な価値観が失われた今の日本と、そんな社会をクールな視点で見つつも、情熱は失っていない現代の若者に重なる。
何がホントか分かりにくい時代。その中でストレートでなくテレと笑いをもってしか真面目になれない、でもやる時はやる。「ガネーシャ」と「僕」はそんな空気にマッチした組合せと言えよう。(まあ今やツンデレは基本だからねえ)

しかし、本書が手放しでオススメかというとそうではない。
内容としては読みやすいのだが、何せ軽い。薄い。いや小説じゃないから当然だが、これがバカ売れしてドラマになったとは俄に信じがたい。いや読み物じゃないから仕方ないけど。
また内容の割には値段が高い。ページの多い文庫本という感じだが、これで1600円である。1割の寄付分を上乗せしとるっちゃない?と勘ぐりたくなる。まあコレは読んだ本人が感じることなので、大きなおせっかいではあるが。

とは言え、読んで損はしないだろう。成功したい、自分を変えたい、夢をかなえたいと思っている人なら、何かしら残るものがあるのではないだろうか?
そして最後に気付くだろう。思いを実現させるのは自分自身、「夢をかなえるぞう!」と決意した自分なのだと。
(そこ、笑っていいぞ〜w)













2010年01月21日

そこまでして式やりたい!? 〜代理出席

最近何かで見たが、「結婚式の代理出席」なんてサービスがあるらしい。

相手方の出席者と人数のバランスが取れないというのは、よくある話。急な用事で代わりに他の友達が、なんてのもあるだろう。
だが紹介されていた事例は、転職を繰り返したので友人がいない、親と仲違いして出席していないから、などなど。正直、そこまでして結婚式やらんでええやろ!と思った次第。しかも今でも相手には秘密にしてるってんだから。。。

そりゃ一生に一度、中には何度も経験する人もいるだろうが、まあ大多数の人にとっては最初で最後の大舞台。自分にとっても相手にとっても最高の式を、みんなに祝福されたイベントに・・・という気持ちは分からんでもない。
だからといって代理で「オメデトウ!」言われても。。。嬉しいものかねぇ。代理のスピーチなんて悲し過ぎるし。他にも
・代理父とのバージンロード
・代理の神父(→そりゃ普通かw)
・代理家族と一緒に親族写真
・代理のブーケトス
・代理友人の歌のプレゼント
・代理出席者による新郎当てクイズ
・代理でビデオレター、電報
・代理友人に一気させられる
など考えていくと、もはやホントのモノなどない、虚栄の固まりの儀式でしかないわけで。


zetsubo.jpg
絶望した! ウソで固められた結婚式に絶望した!

まあでも「虚栄の固まり」ってのは当たっているよね。
当人たちがよければそれでも、、、いいのか? よくないよなー。










2010年01月20日

日本のリーダー?

世界で注目のリーダー第3位に民主党の小沢幹事長が入ったそうだ。

世界注目リーダー3位に小沢氏〜米調査会社

アメリカの調査会社による今回の結果。ちなみに1位は中国・温家宝首相、2位はアメリカ・オバマ大統領。まあ、、、納得する面もあるが「リーダー」という感じはあんまりしないけどねー、個人的には。
そしてその次の3位が小沢幹事長・・・ 与党の一幹事長が世界の3位ですか。鳩山首相はお飾り、傀儡だとアメリカも分かってる訳ね。

まあ、このまま政治資金などの問題が収まるとは思えないけど、小沢氏はどうなることやら。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。