2005年05月07日

電車男などいない!

別に電車男がフィクションだといってるわけではありません。。。
否定するわけでもないし読んで面白かったけど、
ただあまりに世間が電車!電車!で騒いでるので
お前ら目を醒ませ!!
と言いたくなるだけで。
祭りは好きだけどちょっと踊り過ぎじゃないか?

映画版に関して、オレンジレンジによる主題歌が視聴開始だそうで。
個人的にあまり好きでないし(笑、エルメス=中谷美紀という
安易な配役もあって、今のところ見る気ゼロです。
山田孝之のオタク姿はいい線いってそうですがw
ただ、2ちゃん住人のやりとりを
どう再現するかってのには興味あるんですよね。
個人的には、PCの前でタイプする大量の(文字通り)名無しさんと
画面のドアップだけで1時間くらい費やしてほしいです。
スレ間の誹謗中傷も再現してくれたら最高。
まあ公式見る限りでは、名無しさんは出てこなさそうでガッカリですが。

その他にもマンガ化(4誌も!)とか朗読化とか舞台化とか様々に展開されてます。
(あと考えられるのはドラマ化やゲーム化やグッズくらい?)
以前、原秀則のヤングサンデー連載Ver.をパラパラ見てみたけど
実はこの人の作品はほとんど読んだことないんですよねぇ。
その時はあまり関心湧かなかったんですが割と評判いいようなので
ちょっと今度覗いてみようかと思ってます。

2005年05月04日

やってくれるよ、おい。

2002年に公開された今敏監督の「千年女優」を鑑賞。
いやー、面白かった。
国内外の高評価に違わぬ出来でした。

sennen.jpg

(千年女優の公式はココ。たぶん)

かつて一世を風靡した女優、藤原千代子。
その生涯をドキュメンタリーとして映像化すべく、彼女の山荘を訪れた
中小映像製作スタジオ社長の立花とカメラマンの井田。
立花はインタビューの他に、ある物を千代子に渡すという目的もあった。
それは千代子が持っていた古びた鍵であったのだが・・・

この後、戦時下の満州、戦国時代、明治維新、終戦などなど、
千代子の過去と出演作とが混在しながら、めくるめく回想が続く。
立花と井田まで回想に入り込んで、やたら立花が
役になり切っているのが可笑しいが、それも後から納得。
そして作品中、千代子は走る、走る、ひたすら走る。
一途で純粋な少女と躍動感あふれる映像と音楽。
胸すくような疾走感に物語にどんどん引き込まれ、
そして終戦時のシーンで一つのクライマックスを迎えた後に
物語はラストの台詞へと続く・・・

正直、途中泣いた。そして見終わった後の爽快感。
その思いを本記事のタイトルに込めたつもりです。
いやー映画って、ホンッッッットにいいものですね。
次は東京ゴッドファーザーズかパーフェクトブルーを。
妄想代理人も見るけどね。

ここからは蛇足で、印象に残った部分を幾つか。
まず冒頭に持ってきた「鍵」。
秘密の匂いの漂うアイテムが物語の扉を開け、
一気に観る者を作品に引き付けていきます。
次にトグサの中の人が出てきた所に反応。
いや声優とかよく知らんから、僕の中では山寺氏=トグサ君なわけで。
他にも聞いたことある声がいっぱいあったけど。
それから女学生の千代子が駅まで走るシーン。
雪に足を取られてまた走り出す所が特に印象的でした。
あと女学生の千代子が階段に座り込む姿がツボw
最後まで分からなかったのは、時々起こる地震と
時折見せる山荘のお手伝いさんの視線。
あれが何を意味するのか・・・深読みし過ぎかな。

2005年04月27日

さて読んだみたわけだが

以前に紹介した「みかにハラスメント」。
少年誌(月刊ガンガン)らしからぬ過激な内容で
一部で話題?となっていた本作品。
重版されたと聞きつけ先週末、
怖いもの見たさ&乗り遅れるな!とばかりに
とりあえず書店へ。

買ってしまいました
勢いっていいものですね。

で、読んだ感想
(;´Д`) ・・・ 

うーん微妙。
大きなお友達の気持ちも分からんではないけど
(というか購入した時点で仲間入り?)
この漫画で萌えたりハァハァするのって・・・
(いや、購入した時点で言い逃れできんけど)
読み終えて少しやるせない気持ちになった。
(・・・説得力ゼロやな)
何が問題かって、内容は大人向けで画は子供向けというか
むしろ大人向けの幼い画というか。
つまり、ターゲットは少年層ではないわけですよ。
まあ個人の趣味は否定しないけど、この手の本が話題になり
定価で書店で買えてしまうわけです。
何をいまさら、と言われればそれまでですが
これを読んだ少年達はどう思うんだろう?
ちなみに「ふたりはプリキュア」を作った人の話を
どこかで読んだけど(ソースは失念)
小さな女の子に見てもらうことを意識して作ったため
水着シーンはないし下着(パンチラ)も見せてないんだとか。
一方ではこういう作り方もあるわけです。

まあ感想だけってのもなんですので
一応レビューらしきものを。
初の単行本という割に、ストーリーはちゃんと読めますし
けっこう面白いです。短編も楽しめます。
画はそこそこキレイでキャラは総じて幼く描かれてます。
(とても主人公は高校生に見えません。)
内容は評判通りかなり過激です。
まあ作者も狙ってやってるみたいですが。
あとフキダシ外の手書き文字は個人的にはいい感じ。

興味がある方はご自由に。

2005年04月23日

1年越しのAPPLE SEED

appleseed.jpg

よーやく劇場版APPLE SEEDを見ることができた。
実は公開前から注目していた映画ではあったのだが、
いつか見ようと言ってる間に公開終了してしまっていた(汗

話は主人公・デュナンが廃墟の街で戦う場面から始まる。
敵に追い詰められたデュナンのもとに
突如謎の武装集団(ES.W.A.T.)が飛来する。
ES.W.A.T.に保護(捕獲?)された彼女が連れて来られたのは
ヒトとバイオロイドとが共存する街、オリュンポス。
そこでかつての恋人ブリアレオスと出会うのだった・・・

同じ士郎正宗原作の攻殻機動隊でもそうだが
聞き慣れない単語が出てきて戸惑うこと受け合い。ではあるが、
あまり気にしなくても映像やストーリーを楽しむことのできる
エンターテイメント作品として仕上がっている。
注目はやはり、フル3DCGライブアニメの美しい映像。
オリュンポスの街なみやキャラクターの動きなど
細かいところまでかなりリアルに作られていて
思わず画面に見入ってしまう。
ちなみに個人的オススメは多脚砲台w あれは燃えます。
人物描写や伏線もしっかりしていていい感じ。
(デュナンがアテナという名に引っ掛かりを感じる所とか
多脚砲台が動くシーンで最初に映るのが7号機だったり。)
音楽は他で取り上げられているほどの感動はなかったかな。
まあヘッドホンと劇場のドルビーとじゃ比較にならんが・・・
ただ、やたらと光量の多い映像と微妙に違和感をおぼえる
キャラの動き・表情が感情移入を妨げてしまったのが残念。
普通は気にならないとこなのかなぁ。
こんな細かいトコばかり目に付くような
僕の満足するような映像を誰か作ってくだちい。

2005年04月19日

すっきりせずとも納得な作品。

ずっと読もう読もう思ってた「プラネテス」をようやく読んだ。

planetes_01.jpg

planetes_dvd01.jpg

アニメを見てコミックを知ったクチなのである程度は予想してたけど・・・
なんというか、爽快感よりは満腹感・疲労感を感じてしまった。
ストーリーやキャラクターは面白いと感じたけど
結構考えさせられるページが多かったのと
もともと濃い画が苦手なせいもあり。。。
宮沢賢治の詩もちょい重かったかな。
でもテーマ性や人の描き方はしっかりしていて
読み応えのある作品ではあります。

原作派の人には申し訳ないけど、お子様な自分としては
分かり易くソフトな口当たりのアニメの方が面白かったっす。
音楽もよくてタナベも可愛いしねw
コミック版も小ネタが効いてて(フィーの拾ってくる犬の名前とか)好きだけど
ハチマキに愛うんぬんを語らせた所が個人的にはマイナスだった。
まああそこで言わせなきゃ嘘だろって感じだけど。

そんなプラネテスの作者、幸村誠氏の連載が始まっております。
週間少年マガジンの「ヴィンランド・サガ」。
中世、北欧諸国、決闘、ヴァイキング、理想郷。
大増ページでこれまた濃そうなお話でした・・・
でも頑張って読むぜ。
続きを読む

2005年04月14日

さて乗り遅れたわけだが

一部の大きなお友達から支持を得ている「みかにハラスメント」。
掲載誌に似つかわしくない過激な内容で大人気?らしいですね。
さっそく読もうとしたけど乗り遅れたおかげで
当然どこの本屋にもナッシング。むう。

・・・いや、別にどうでもいいんですよ。気にしてないですって。
(;´Д`)ハァハァしようて思ってもないし。

こう書くと言い訳じみてますが、正直な話、周りよりはアニメや漫画に詳しいと自負しているので
もうちょっと詳しくなりたいなー、とそういうワケです。
それに見ずに駄作と決めるよりは見たほうがいいし。
見て後悔するケースもあるけどね・・・
そういうわけで、これぞ!というアニメ・漫画を今後も探していこうと思います。
(ちなみに今気になっているのはクレヨンしんちゃんだったり。古っ。)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。