2010年06月15日

快挙達成!さて今後どうなるかですよ。

まったくもって、昨日は興奮冷めやらぬ一日だった。

はやぶさ帰還…小惑星の砂、期待

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の打ち上げた工学実験探査機「はやぶさ」。2003年に打ち上げられてから実に7年あまり、おととい地球に帰還。サンプル回収用のカプセルを投下した後、大気圏で燃え尽きて任務を終了した。

hayabusa02.jpg

hayabusa01.jpg

ネットから転載した「はやぶさ」突入時の写真。
こういうの見ると、宇宙へのあこがれを掻き立てられるというか、ちょっと詩人になってみたい気にもなります。たまには夜空を見上げてみようかな、と。


最近では「かぐや」が月表面の詳細映像を送ってきて話題になったけど、まあ普段は宇宙探査なんてニュースにならないわけで。「はやぶさ」も打ち上げられたのが7年前、その後の動向は一般的にはほとんど注目されてなかったわけです。
その間、燃料漏れによる化学エンジンの故障、姿勢制御装置の故障、イオンエンジンの停止などのアクシデントが続出し帰って来れないのでは、とニュースで読んだ覚えがある。そんな苦難を乗り越えてこうして帰還できたと言うのは、もうこれってみんなの祈りが呼んだ奇跡みたいなものだね!(ハズカシいセリフ禁止やなー)
てかエンジン壊れても帰れるって、どんだけ不死身なんだよってw

ミッションの目標の一つであった小惑星「イトカワ」のサンプル採取、これは機器の作動に失敗。しかし回収したカプセルに小さな埃、砂が入っている可能性は残っているそう。今後の分析にも期待したいものです。
なにより数々のトラブルを乗り越え、60億キロもの航行を完遂。そして大気圏突入時にカプセルを無事に投下。そして機体は大気圏で燃え尽きるわけだが・・・

hayabusa03.jpg

「はやぶさ」が消滅する30分前に撮影した最後の写真。はるばる帰ってきた「はやぶさ」に地球を見せようと撮ったものだとか。うーんマロン、いや浪漫ですな。

ただ今後の宇宙探査については、先日の事業仕分けを受けて今年度予算が減らされたばかり。一体今後どうなることやら・・・
と思っていたら、この快挙を受けて宇宙関連の予算も検討し直されるとか。当然という思いの一方、なんという変わり身の早さにあきれる次第。だからあれほど(ry


あ、ワールドカップ始まりましたね。
日本は、初戦でカメルーンに「ミラクル」勝利!
いやーこれも意外な快挙ですわ。まあ今度の土曜日、オランダ戦では現実を見るハメになるでしょうが・・・

kokojigoku.jpg

これからがほんとうの地獄だ・・・















2010年05月08日

進化し続けるアノ歌番組に・・・

最近、歌番組なぞ見なくなって久しい。というか、テレビ自体もあんまり見てない。

お笑い番組、バラエティ、ドラマ・・・ 数多ある番組はあるが、どれもこれも似たり寄ったりな感じで見る気がしない。それに1回見出すと止まらないというのも難点だ。
とは言え特定の番組はわりと見てるし、深夜アニメも(ある程度は)押さえてるし、どっちかというとむしろテレビ見てる方??

そんなこんなで久しぶりに歌番組を見た。
といってもMステとかCDTVとか、そんなモノではない。(※Mステ=ミュージックステーション、CDTV=カウントダウンTV) 見たと言ってもチャンネル変えてる時にたまたま、という程度。というか、この番組が歌番組かどうかもアヤシイ気もする。いやたしかに歌番組ではあるな。
ともかく、その衝撃は久しぶりに味わうものだった。
ナント「みんなのうた」でBUMP OF CHICKENの曲が流れてきたんですから!

いやいや「みんなのうた」もどんどん進化するものですな。昔は「北風小僧の寒太郎」とか「赤鬼のタンゴ」の様な、いかにも子ども向けみたいなのが多かった気がするけど。
でも近年、アンジェラ・アキとかいきものがかりとか歌ってるし、その流れと思えばフツーのことなのかな? 映像の方も話題の人を引っ張ってきたりしてるし。
ついでに言うと、曲自体が良かったというのも衝撃の要因。「叱られた後の・・・」の歌い出しから、聞き入ってしまいます。相変わらずこのバンドは心に染み入る曲を作ってくれます。危うくウルっとするとこでしたw


と言うことで、BUMP OF CHICKENの「魔法の料理 〜君から君へ〜」は4、5月の「みんなのうた」で絶賛放送中らしいです。いつ流れるかは各自で調べてくださいw













2010年03月03日

春眠・・・には早過ぎる。

なんか、最近暖かいなぁなんて思ってたが、少し寒さが戻ってきたそんなこの頃。まあまだ3月も始まったばかりですからね。まだまだ寝ぼけるには早い時期なのだが。

気の緩み?閣僚遅刻、「言語道断」与党も批判

仙谷国家戦略相、原口総務相、前原国土交通相の3人が遅刻したらしい。もちろん寝過ごした訳ではないし、正直どうでもいいニュースと思いきや。
『鳩山首相も記者団に「緊張感が足りないと、私も思う」と語った。ところが、すぐに、「むしろ役人の中で緊張感が足りないのがいる」と官僚批判に転じ』(引用終わり)
むしろ寝ぼけてるのは鳩山首相のようで。


そういや仙谷大臣と言えば。
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬

もう相当昔の話だし、コルゲンコーワの「ケロちゃん」くらいならねー。牧歌的な時代だった訳だし。正直どうでもいい。
と流せればいいんだけど、ところがどっこい、語った本人は現職の大臣。番組中に寝ぼけていたんだろうか? ちょっと前には過去の窃盗を自慢げに話して、活動自粛した女性タレントもいたっけ。(アレはアレで相当悪質だったが)


もうひとつ、じゃなくてもうふたつ、民主党の石井一というセンセイの話。
石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」
民主・石井一氏:「鳥取、島根県は日本のチベット」発言、地元の自民・石破氏怒り

長崎県知事選に絡んで、「時代に逆行するような選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示す」と恫喝発言した件と、「鳥取とか島根は日本のチベットみたいなところで、人が住んでいるのか牛が多いのか、人口が少ない」と失礼極まりない発言をした件。
それなりの姿勢、とは一体どういう姿勢ですかね。むしろどういう態度をお取りになるのか(尊敬)、示して欲しいものです。チベット発言は・・・鳥取にも島根にも、チベットにも失礼だろ。この人の頭の中では、人の少ない辺鄙な地域って程度の認識なんだから。
コイツこの御仁は問答無用で、クソ寝ぼけ野郎お眠り遊ばれていたようですな。


あ、もう1個寝ぼけた話題。
日本5分割で春秋5連休 政府がGW分散案

そんな分かりづらい事やめてくれっての。小手先で制度いじるんじゃなくて、大本を変えていかないと。大型連休を取れるようにするには、大型連休増やすしかないんだから。そのために単純に休日増やすのか、休みを移すのか、企業活動に制限加えたり高速1000円みたいなインセンティブ与えるのかはやり方次第だろうけど。
外国人参政権や夫婦別姓といい、なんか余計な事ばっかりやってる気が・・・













2010年02月04日

辞める人、辞めない人

ついに、やめちゃいましたね。
小沢幹事長が!
・・・
間違えました。
そっちの暴れん坊じゃなかったですね。こっちでした。

朝青龍関:引退…白鵬関「信じたくない」
散々やりたい放題やらかし、土俵内外で問題を起こしてきた横綱・朝青龍。知人への暴行疑惑の捜査が進むさなかに引退することとなった。
正直自分は嫌いだったが、少なくとも大相撲と朝青龍に関心は持っていた。これまでも数々の行いが物議を醸し出してはいたが、一線は越えていなかった。(たぶん)
今回はどうやら、ほんとに一般人に手挙げたらしい。いつかは、というのが今日だったのかもしれないが、寂しい辞め方ではあるよね。

そういえば件の小沢氏は断固辞めないそうで。
「こんなことで辞めぬ」小沢幹事長が続投

マジ殴っていいですかwww
いや、殴ったらこっちが捕まるけど。
こんな真っ黒い人を奉る民主党って・・・











2010年01月28日

Appleから新型タブレット発売! その名は「iPad」。

毎度毎度、新たなサプライズを提供し続けるAppleから新たな製品が発表された。

iPad.jpg
AppleのHPより転載)

その新型端末の名は「iPad」。一部では『iSlate』という名前や想像の製品画像が出回っていたが、こうして発表された画像を見るとiPodがペッタン!と押しつぶされたようにも見える。そういう意味では、それほど美しくはないかなぁというのが第一印象。

Appleのタブレット端末は「iPad」――9.7型IPSパネル搭載でWi-Fi/3G対応の6モデル

そのスペックとはと言うと、B5ノートよりちょっぴり横長の189.7(幅)×242.8(高さ)×13.4(厚さ)oというサイズで、重さが680〜730g。9.7インチのIPS液晶ディスプレイはマルチタッチ入力に対応。CPUは1GHzのApple A4という新たなチップで、メモリは16〜64GB。バッテリーは10時間駆動で、無線LAN、Bluetooth、また3Gに対応したモデルも発売されるとのこと。価格は499ドルからで、日本での価格は未定。
またiPadに対応したiWorkも発表され、画面にタッチしたり仮想キーボードにて操作できるらしい。

いやー、これまたスゴい製品が出たものです。操作感は「巨大なiPod」というより「画面だけのMac Book Air」らしいです。店頭で早く触ってみたいものですね。

ただ、自分としては欲しいかと言われると微妙だったりする訳でw
iPhoneもiPod touchも持ってないし、そんなにモバイルしたい方でもないので、買っても使い方に困りそうな予感。。。
なにより、「手に持って使う」てのがね。旧態依然のPCとしての使い方に慣れた自分としては、Mac Book/Airの方がいい。どこかに置いて眺めるスタイルが馴染んでいます。
もし使うとしたら、キーボード付きの専用スタンドが必須になると思われ。ジョブズのように颯爽とは使いこなせそうにないですw



2010年01月26日

夢をかなえるのはゾウではなく・・・

今更ながら、ではあるが「夢をかなえるゾウ」を読んでみた。ちょっと前にベストセラーになってたので、どんな本か読んでみたいとは思っていた。しかし時は流れ、2007年の本をようやく読むことができた次第。ホント今更、である。

感想としては、なかなか面白かった。
ドラマ化もされてたので小説かと思っていたが、中身はハウツー本、というか自己啓発本である(著者の他の本を見ればすぐ分かることだけど)。「夢をかなえるゾウ」たる「ガネーシャ」と主人公の「僕」とのおかしな毎日を通して、自分を変えるための方法が語られていく。その方法とは、誰もが知っていることだったり、知っていても実行できていないことだと改めて気付かされるのではないだろうか。

そしてこの本のツボは、「ガネーシャ」と「僕」のキャラクター設定にある。
自称神様、なのに関西弁をしゃべり、数々の偉人達を「くん」付け呼ばわりで、悪戯はするわパチンコに行くわ、性格もお世辞にもいいとは言えない「ガネーシャ」。一方ハナからガネーシャを疑い、彼(?)に振り回されながらも時には暴力も振るって対抗し、それでも彼の教えを守って少しずつ変わっていく「僕」。その関係は、信仰が揺らぎ絶対的な価値観が失われた今の日本と、そんな社会をクールな視点で見つつも、情熱は失っていない現代の若者に重なる。
何がホントか分かりにくい時代。その中でストレートでなくテレと笑いをもってしか真面目になれない、でもやる時はやる。「ガネーシャ」と「僕」はそんな空気にマッチした組合せと言えよう。(まあ今やツンデレは基本だからねえ)

しかし、本書が手放しでオススメかというとそうではない。
内容としては読みやすいのだが、何せ軽い。薄い。いや小説じゃないから当然だが、これがバカ売れしてドラマになったとは俄に信じがたい。いや読み物じゃないから仕方ないけど。
また内容の割には値段が高い。ページの多い文庫本という感じだが、これで1600円である。1割の寄付分を上乗せしとるっちゃない?と勘ぐりたくなる。まあコレは読んだ本人が感じることなので、大きなおせっかいではあるが。

とは言え、読んで損はしないだろう。成功したい、自分を変えたい、夢をかなえたいと思っている人なら、何かしら残るものがあるのではないだろうか?
そして最後に気付くだろう。思いを実現させるのは自分自身、「夢をかなえるぞう!」と決意した自分なのだと。
(そこ、笑っていいぞ〜w)













2010年01月21日

そこまでして式やりたい!? 〜代理出席

最近何かで見たが、「結婚式の代理出席」なんてサービスがあるらしい。

相手方の出席者と人数のバランスが取れないというのは、よくある話。急な用事で代わりに他の友達が、なんてのもあるだろう。
だが紹介されていた事例は、転職を繰り返したので友人がいない、親と仲違いして出席していないから、などなど。正直、そこまでして結婚式やらんでええやろ!と思った次第。しかも今でも相手には秘密にしてるってんだから。。。

そりゃ一生に一度、中には何度も経験する人もいるだろうが、まあ大多数の人にとっては最初で最後の大舞台。自分にとっても相手にとっても最高の式を、みんなに祝福されたイベントに・・・という気持ちは分からんでもない。
だからといって代理で「オメデトウ!」言われても。。。嬉しいものかねぇ。代理のスピーチなんて悲し過ぎるし。他にも
・代理父とのバージンロード
・代理の神父(→そりゃ普通かw)
・代理家族と一緒に親族写真
・代理のブーケトス
・代理友人の歌のプレゼント
・代理出席者による新郎当てクイズ
・代理でビデオレター、電報
・代理友人に一気させられる
など考えていくと、もはやホントのモノなどない、虚栄の固まりの儀式でしかないわけで。


zetsubo.jpg
絶望した! ウソで固められた結婚式に絶望した!

まあでも「虚栄の固まり」ってのは当たっているよね。
当人たちがよければそれでも、、、いいのか? よくないよなー。










2010年01月20日

日本のリーダー?

世界で注目のリーダー第3位に民主党の小沢幹事長が入ったそうだ。

世界注目リーダー3位に小沢氏〜米調査会社

アメリカの調査会社による今回の結果。ちなみに1位は中国・温家宝首相、2位はアメリカ・オバマ大統領。まあ、、、納得する面もあるが「リーダー」という感じはあんまりしないけどねー、個人的には。
そしてその次の3位が小沢幹事長・・・ 与党の一幹事長が世界の3位ですか。鳩山首相はお飾り、傀儡だとアメリカも分かってる訳ね。

まあ、このまま政治資金などの問題が収まるとは思えないけど、小沢氏はどうなることやら。

2009年12月31日

ゆく年くる年なう

と、よく知らんけどこんな感じなの? twitterって。
携帯からすると面白そうだなぁ。

来年はもちっとブログ更新しないとなぁ(汗
あと日本の政治、社会、経済などなどもっと学んでいかないと。。。大変な状況だし。もちろんマンガ・アニメもきっちり押さえていかないとw
それではまた来年。









2009年12月02日

「事業仕分け」という名の茶番の幕が下り・・

昨日の記事でもふれた「事業仕分け」。まあ新語・流行語大賞もたいがい茶番だけど、こちらの方が許されざる茶番と言える。

国の行う事業とその予算について「官僚主導でない」議員や外部による見直しを標榜するこの制度。事業の必要性を訴える各省庁の担当者、責任者の方々を前に、バッサバッサとくだらない不躾で無知な質問を投げかける仕分け人の面々。言いたい放題、やりたい放題の1時間が経つと、したり顔で廃止や見直しを宣告。予定調和の一件落着。これでは定時に印籠や桜吹雪を見せてお決まりのセリフで終わる時代劇と変わらない。いや「茶番劇」である。

蓮舫とか枝野とかいうセンセイ。福祉や教育、農業などの分野を叩いていたが、あまりに目を覆いたくなる物言いではないだろうか。挙げ句の果てに「科学技術で1番にならなくてもいい」「オリンピックは出ることに意義がある」。アンタらノーベル賞受賞の野依氏や水泳の北島選手の目の前で言って見やがれ!!ですよ。

何が問題って、資源のない日本での科学技術の重要性や、教育・スポーツ等長期的な育成が必要な分野をあまりに蔑ろにしている点。ある程度のお金を掛けてきたからこその技術立国であり、世界に羽ばたく人材を各分野で輩出してきたワケで。「1番になる」努力があるから仮に2番であっても世界レベルの成果が出せる。「オリンピックでメダルを取る」努力があるから、日本のスポーツ界が発展する。むしろ大学教育や基礎科学、スポーツや文化の予算は先進国の中では最低レベルで、拡充すべきと思うのだが。
仮に仕分けによって予算を確保したとして、じゃあ一体どんな国を目指しているのか?仕分け人のセンセイ達はどういう基準で見直しを決めているのか? まったく見えてこない。


一方、予算の無駄を洗い出し、国民の政治への注目wを集める端緒となるという意見はしごくもっともに聞こえる。先例となった自治体でも、外部の専門家や一般の人、学者やらの意見で見直しが決まる例もあるという。ムダがなくなり大いに結構。

しかし現実には「仕分け」には何ら拘束力はなく、必ずしも予算編成には反映されない。鳩山首相は「仕分けの結果を尊重する」と言ってるが、どうなるか分からない。そもそもこの人ウソつきですから。(でなければ故人献金はどう説明する?)
そもそも「仕分け」の俎上に上った事業、これ自体が財務省主導で選ばれたもの。さらに「仕分け人」には官僚からの手引書が配られていたという。政治主導とか言ってたけど、これもインチキではないのか?

こんな感じで、とても拍手を送る気にはなれない「事業仕分け」。とは言えパフォーマンスの時間はもう終わり。これから問われるのは中身であり、そして問うのは私たち一人一人ってこと。それを忘れちゃいけない。












2009年12月01日

妥当な選出? 今年の流行語。

今年も年の瀬、12月。新語・流行語大賞の季節である。

昨年はドドーンとババーンと世間の話題をさらった福田・元首相の「あなたとは違うんです」が大賞に!!はならなくて、ホンットにしょうもないのが大賞でした。いやはや。なめとんのかと。

さあ今年はどんなが来るのか!?
と期待はしてなかったけど、やはり普通に順当な言葉が来ましたね。ズバリ「政権交代」。
対抗馬として「新型インフル」も考えられたけど、こちらはトップテン止まり。まあ良くも悪くも大衆をにぎわしたw言葉ですし、こんなもんかと。

で、毎年毎年なんでこの語が??との思いは尽きないのだが、一言だけ。
「事業仕分け」がトップテンなら「故人献金」はトップスリーだろ

考えてみよう。
現役の鳩山由紀夫首相が政治資金収支報告書にウソの記載をして、あるはずのない死んだ人からの献金を受けていた。他にも架空の人物や勝手に名前を使われた虚偽の献金も多数ある。4年間でその額およそ2000万。
さらに。名前を記載しないでよい匿名の「個人」献金がやたらと多い。5年間でその額およそ2億3000万。
さらにさらに。地元北海道の地方議員からの毎年の「クリスマス献金」。母親からの9億円もの寄付。ちなみに寄付であればこれは政治資金規正法違反であるし、贈与となると贈与税違反=脱税である。

これに対し鳩山首相は発言を二転三転。献金については「全部秘書のせい」と秘書を解任した挙げ句、自分は政治資金報告書を訂正。そもそもかつて鳩山首相は野党時代に「秘書の罪は政治家のせい」とか言ってなかったか?

なんか流行語と関係ない、ただの備忘録になってしまったが仕方ない。検索したらそういうニュースがゴロゴロ出てくるんだから。別にネトウヨwでもないし。
ということで、個人的流行語は「故人献金」にしておこう。あ、「事業仕分け」についても忘れないうちにちょっと書いておかないと。


ちなみに。
今年のネット流行語大賞は「※ただしイケメンに限る」だそうで。他にも「どうしてこうなった」とか「なにそれこわい」とか、思わずニヤリな言葉ばかり。まあネット限定の言葉ではあるけど、これも立派な流行語。知っておいて損はないかも!?














2009年10月02日

10月だけど・・・ビーチフェスタ!

最近、駅で気になっていたポスター。
beachfes.jpg

決して、その健康的かつ扇情的な胸の膨らみに注目したわけではない。断じて。たぶん。

夏もとうに過ぎたこの時期のビーチでのイベント、そしてとても素人とは思えないキャラデザイン(と言うか思いっきりキャラ名出てるし)。一体誰の画だろうと思ったら、どうやらヤンサン(週刊ヤングサンデー)で連載していた「ビーチスターズ」というマンガのものらしい。
作者の森尾正博が福岡出身、そして日本ビーチ文化振興協会のページでも取り上げられていることから、このポスターへの起用となったのだろう。いやーそれにしてもケシカランほどのおっぱいだ。うむ。

ちなみにこのポスターは、北九州港開港120年を記念して10月に行われる「ビーチ・フェスタ」のもの。北九州市門司区の西海岸で様々なイベントが行われれ、浅尾美和や菅山かおるによるエキシビジョンマッチもあるとか。

暑過ぎない、気候の穏やかなこの季節。そして折りしも3連休にあたる、このイベント。ちょいと出かけて見るのもイイかも知れない。ついでに「ビーチスターズ」も読んでみたいなぁ。














2009年08月28日

東京で今起こる、リアリティ

なんかテレビで「20世紀少年」がやってるなぁと思っていたら、案の定最新作が明日劇場公開らしい。最近こういう手法が当然になってきて、いらん押し付けと思う反面、見てない方からするとウマいこと騙されるよなあという、今日この頃。

と言いながらも見てみると、あまりの豪華キャストに笑いが止まらない。駄菓子屋のばあちゃんが研ナオコとはww あちこち細かいネタも仕込んであるし。
とは言え、、CG含めよく出来てるしキャストの演技もさすがなのだが、いかんせん2時間映画。テンポが速い速い。浦沢直樹、長崎尚志も担当しているので、脚本的にはこれが限界だったのか。どうせなら全54話(以上)のアニメ化でやってもらいたい・・・などと夢想してみたり。


同じく首都・東京での近未来ストーリーで言えば、こっちの方が個人的にはおもしろかったり。現在放映中のアニメ「東京マグニチュード8.0」。これが結構イケるんですよ、ええもう。

「東京マグニチュード8.0」はボンズ・キネマシトラス製作のテレビアニメ。主人公の小野沢未来・悠貴の姉弟がお台場にてマグニチュード8.0の大地震に遭遇。居合わせたバイク便ライダー・日下部真理の助けを借りつつ、世田谷の自宅へ帰ろうとするストーリーだ。

最初に断っておくと、主人公の未来ちゃんがこれまたカワイクないんですよ、えぇ。 どっちかと言うとツンデレ?単なるへそ曲がり?天の邪鬼? しかし、せっかくの萌えブームwになんて勿体無い!と言うことなかれ、この「カワイクなさ」がリアリティを呼び起こすワケで。いかにも中学1年らしいというか、その様が一つ一つ再現されているトコロにこのアニメの肝があるのだ。
弟の悠貴くんにしたって、好きなロボットのコトになると何も聞かない、それでいて未来ちゃんはじめ家族のことには気を使う。真理は自分の娘が気には掛かるものの、未来と悠貴を置いて行きはしない。3人で帰ろう、と励まし続ける。この他にも様々な人間模様が描かれるが、大地震の非現実性(その発生確率云々ではなく)と相対的に登場人物の現前性は増していく。ベタな展開、地味な作品と侮るなかれ、見てみる価値アリのアニメだ。(予告編はクソですね。はい。)

そういう意味では、同じノイタミナ枠の「東のエデン」は主人公・滝沢朗の言動がイマイチ理解し切れなくて消化不良だったのだが、「東マグ」は分かりやすくてありがたい。ん、これって俺の理解力不足ってコトか?


折りしも、すわ東海地震かという地震が静岡を中心に起きた今年。政界にも激震が起きようかという時期、今一度自分が生きる世界を見直してみるイイ機会なのかもしれない。
(首位決戦でのホークス敗戦の現実を見つめ直す気概はないのだが・・・)













2009年08月06日

青春まっさかり!?の萌え昆布

汗と涙の夏のドラマ。
高校球児達の青春の季節、夏の甲子園がいよいよ始まる。
今年は開幕から目の離せない試合が目白押しだ。

と、それはさておき、ここで問題。
下の画像をご覧ください。
2人のセーラー服を着た少女が写っていますが、これはなんの画像でしょうか??

s-konbu.jpg

 1:某高校の文芸サークルのHP
 2:人気急上昇中の同人誌サークルのHP
 3:某美少女恋愛シュミレーションゲームの公式HP
 4:某巨大掲示板で拾った出典不明の画像
 5:ごめん実は自分が書きました


「オフィシャルサイト」と書いてるくらいだから、どこかのHPの画像なのは確かだろう。ビビッドなタイトルカラー、そして「青春☆こんぶ」というステキな☆ネーミング。さらに丁寧に書いたっぽい人物と手抜き加減の背景(特に草原とか)。
となると、ありそうなのは2番?
でも、全部考えようによってはありそうな・・・

正解はココ
なんと北の大地・北海道は襟裳岬、日高昆布の藤田昆布加工場さんのHPなのだ。上の画像はそのトップ画を転載したものだ。もうね(ry


今までいろんな「萌え」商品が出てきたけど、昆布は初めてではないか。いや最早何でもアリだけど。

ちなみに上のキャラの名前は、それぞれ岬襟萌(みさきえりも)と千島霧夏(ちしまきりか)。襟萌が昆布漁師の次女で、霧夏が民宿オーナーの長女という設定だ。んー普通に実在しそう(モデルとかいるのかも)。
営利目的などでない限り元画像・キャラの二次使用フリーだそうで、彼女らを使用した同人誌とかすぐに出てきそうな予感。えっ、そもそもこの画が同人誌っぽいって?


という訳で、この夏は日高昆布が日本中を席捲!するかもしれません。










2009年07月11日

「刑事の現場」を再び見れる・・・か?

某国営放送で放送が始まった「リミット−刑事の現場2−」。

主人公・加藤(森山未來)は東和署から名古屋中央署に転勤、そして新たなパートナー・梅木(武田鉄矢)とコンビを組むことに。反目しあう2人が遭遇した繁華街での惨劇。未知の職場、現場で加藤はどのような光景を目にするのか!?
てか主題歌、斉藤和義かぁ。しぶい。

それにしても初回からフルスロットル全開ですね。名古屋イチの繁華街・オアシス21での事件、梅木の強烈な個性と超・合法的手腕とオイシイとこから出していこうって戦略なのか?まあわずか5回で完結させないといけないしねぇ。
てか被害者の父親役がスゴかった!斉藤洋介と言う人らしいが「静」と「動」の場面、それぞれがどちらも見事な演技。特に前半の「静」の場面、、、ぽつりぽつりと語る場面がおそろしい。
初回にしてこの出来、今回もwktk(ワクテカ)なドラマになりそうな気配w


そしてwktkと言えば、、、コレw
s-wars.jpg

細田守の新作、サマーウォーズ
「時をかける少女」と同じく、キャラデザに貞本義行、脚本に奥寺佐渡子。主題歌は山下達郎、美術監督に武重洋二。てかニンゲン多過ぎですよw!














2009年06月26日

マイコー・・・

日本中を、いや世界中を衝撃のニュースが駆け巡った。

キング・オブ・ポップスの突然の死。
あまりに早い結末。
思いもよらぬ不意打ち。
スーパースターの最後の裏切り。
なんだかんだ言っても、マイケル・ジャクソンは掛け値無しのヒーローだったんだなぁ。

例えデーブ・スペクターの言葉であろうと、身に染みる・・・











2009年06月24日

羽生名人連覇!

最終の第七局までもつれた、今年の将棋・名人戦。羽生名人がカド番から逆転し、見事防衛に成功した。いやー強い。

将棋界の第一人者として走り続け、はや15年余り。1996年に史上初の七冠を達成した頃の勢いは無くなったとも言われるが、ところがドッコイ今でも四冠王。いやースゴイ。

今回の七番勝負も、後がなくなってから連勝し、逆転防衛を成し遂げた。この底力は一体どこから湧いてくるのか、それともコレが「名人」の持つ魔力と言うべきか。「羽生善治最強伝説」はしばらく続きそうな予感。


ちなみにプロ野球の交流戦のMVPが発表されたが、SBホークスの杉内が初受賞。6試合44回という投球回数で、負けなしの3勝。最終カードの横浜戦で完封勝ちしたことで、ある意味「逆転勝ち」という気も。まあ妥当な結果と言えそう。













2009年06月11日

シールにかけた青春・・・なんて人も!?

その昔、日本中に社会現象を巻き起こした「お化けお菓子」があった。いや、正確にはお菓子に封入されている「おまけ」のシール、その後の食玩ブームの先駆けとなったとも言われているかは定かではないが、とにかくこのシールが一大ブームを巻き起こした。

その名は「ビックリマン」。そう、ある年代なら誰もが知っているであろう、ピーナツ入りお菓子の裏から出てくるキラリと表れる魅惑のシール、アレだ。
そのビックリマンから「悪魔VS天使編」に繋がる新たなシリーズが発売されると言う。てか、まだ売ってたのかよ!
なんか公式サイトとかもあるし。

s-zeus.jpg s-devil.jpg h-rococo.jpg
(上記記事より転載)


悪魔、天使、お守りの3つの勢力を描いた世界観、稀にしか封入されてないレアシール=ヘッド。学校帰りに子供のお小遣いで手に入るワクワク感と、周囲からの羨望の眼差し。シール目当てに大人買いしたり、前から何番目にヘッドが入ってる!等の怪情報が流れたり、まあ当時の子供の間では大流行したものです。

最近多い「昔の懐かしいのやってます」的なのは個人的にはどうかと思うんで、正直今から集める気はない。が、スゴく懐かしいなーとは思う。今は80円だけど昔は30円だったよなーとか、一瞬だけアイスも売ってたなーとか。あと同じキャラでもパワーアップしていったりバージョンが色々あって、例えば聖フェニックス→ヘッドロココ→アンドロココなんて感じで。ネロ魔身とかもいたか?
・・・書いてたら、なんか欲しくなってきたカモw














2009年05月19日

新型インフルエンザ狂想曲!

なんか世の中、猫も杓子も新型インフルエンザという感じで、もう今年の流行語大賞は決まりという、そんなこの頃。

福岡の方では感染者は報じられていないものの、今日からプロ野球は交流戦。阪神タイガースとの一戦のため、関西方面から詰め掛ける応援団が菌を持ってきて・・・なんて言うと不謹慎だけど、ヤフードームではインフル対策でジェット風船も自粛になったそう。
県内各所でも関西方面への修学旅行は軒並み見合わせ、保健所を中心に発熱外来も設けられている。

まあ幸いにして毒性は弱いとのことで、しかもこれから日本は雨季。というか梅雨時に入るので、感染拡大には不利な条件になります。マスコミに踊らされる必要はないけど、対策を講じておくに越した事はないわけで。とりあえずマスクぐらいは、するべきなのかも。

・・・でも大阪とか、休校になった中高生が街で遊びまくってるらしいし。感染対策の意味ねー。そのうち、どっかで感染しそうな気もしますw
(そういや世界中がウイルスに感染して、主人公が一人残され・・・て映画なかったけな?)











2009年03月16日

春到来! ちょっと早過ぎか・・?

今月はじめに書いた春到来の記事
それから半月経って、福岡市では今年初の桜の開花宣言。まだまだ寒い日はありつつも最近とみに暖かくなったなーと思ってたが、もう咲き始めるとは。河原の菜の花も満開で、いよいよ春が来たようだ。


ちなみにその時オマケで報じた日テレの誤報問題だが、社長が辞任したそうで。ほんと読売グループはなんとかならんのかねえ。














広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。