2006年10月31日

○○の秋といえば。 〜尾道旅行記

どこまでも高く広がる空の蒼、澱みなく澄み切った空気。
あたたかで心地よい陽射しに誘われ人はいつしか旅に出る。


ということで、行って参りました聖地巡礼。(初)
目指すは「かみちゅ!」のモデルとなった尾道。
よりによって神無月。  oTL

ちなみに「かみちゅ!」を知らない方はココからお調べ下さい。
尾道にまつわる話も同様にお調べを。
(手抜きだw)


何故尾道でなぜ10月で、そもそもナゼ突然巡礼に出ようと
考えたかなんてのは自分でも正直謎なのだが
数年来の瀬戸内への根拠のない憧憬と休みの日取り、
そして最近になりようやくDVD全巻を見終えた(遅っ
というのが引き金になった気はする。
まあしばらく旅らしい旅もしてなかったし。


結論から言って今回の旅、かなりよかったです。
日程がタイトなうえ久しぶりの旅に不安もあったのだが
着いてみれば普通に楽しんでしまった。
やっぱり秋といえば「行楽の秋」でしょう。
(代償として足から尻から筋肉痛だが。)

迷路のような坂道も廻るにはキツいが「まちのリズム」
のようなものに慣れてくるとこれが意外と楽しい。
運動不足の体であっちをウロウロ、こっちへフラフラ。
疲れたら展望台で休み、腹が減ったら尾道ラーメンを喰らい。
路地を抜けて岩をよじ登り海を渡り藪を掻き分け。
(マナーとして一応私有地は通ってませんヨ。念のため。)
最後は夕焼けに染まったベンチを撮って終了。
巡礼としてもあちこちで「予習」したお陰で
多くのポイントを回ることができたし。
まあどっちかというと巡礼というより観光メインに
なってしまった感もあるがw


あと日頃の人徳のせいか土地柄なのか
現地のみなさんがヒジョーに親切でした。
寺へ案内して云われなど話してくれたお姉さん。
道を教えてくれた買い物帰りのおばちゃん二人組。
途中デジカメのメモリが一杯になって探していた時
わざわざ「配達」までしてくれた電気屋さん。
某天満宮でお話した女性や渡し場の方等々。
多謝の一言です。


それでは旅の写真をテキトーに。
あぁ絵馬の写真撮り忘れた。。。


kami001.jpg kami002.jpg kami003.jpg
鈍行にも乗ってみたり /いよいよ瀬戸内海が! /ロッカーは108番をキープ

kami004.jpg kami005.jpg kami006.jpg
某踏切から /駅にほど近い土堂小 /急坂と尾道城

kami007.jpg kami008.jpg kami009.jpg

階段からの見上げ /某住宅 /光明寺そばの小道

この辺りで尾道の何たるかが少しずつ分かってきます。
長くなりそうなんでひとまず終了。


続・尾道旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。