2006年09月05日

ついに1000万画素! 〜インフレするデジカメ

日本の半分の世帯が持つにまで普及したデジタルカメラ。
周囲を見渡せば、以前は持つ人の方が少なかったのに
今や持ってない人の方が少なくなった気がする。

それと同時に高まってきたのがデジカメの性能。
最近はソニーの参入など一眼レフデジカメが話題だが
コンパクト型の高品質化も留まることを知らない。
今や手振れ補正は当たり前、高倍率ズームや
画像の修正機能など便利になったものです。

そして著しいのが高画素化。
今年になって1000万画素クラスのコンパクトデジカメ
バンバン登場している模様。
うーんすごいっす。

しかし10メガカメラで取るモノなんてあんまりない気も。。。
子供の成長記録とか旅の思い出とか?
それなら10メガでも足りないくらいだろうが。
それにデータも半端なく重くなるから後々困りそうだ。
単純に画素数の向上=綺麗になるとは言えないし。


が、やっぱりちょっと欲しいのがホンネw
10メガ言ったら1メガの10倍ですよ。10倍。
つまり2倍の5倍ですよ。(意味不明)
値段も昔の300〜400万画素のハイエンド機くらいだし
いいのがあれば買ってみたいなぁ・・・








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。