2010年06月25日

WAWAWA ワールドカッ・・・のわっ!

世の中、何が起きるか分からない。
まことに世の中というものは、不思議なものよのう。

さてワールドカップの南アフリカ大会。日本は決勝トーナメント進出をかけ、グループリーグ最終戦のデンマークとの戦いに臨んだ。
今回はキックオフが日本時間の午前3時。もしかすると消化試合になるかもとの思惑でこの時間帯に押し込められたのかもしれないが、ところがどっこい、負ければ1次リーグ敗退の大事な戦い。さぞや日本中で、眠い目をこすりながら多くの人が応援したことだろう。

そんな寝ぼけ眼を醒ましたのが、試合前半のフリーキック!
前半17分、ゴール右からの本田のシュートはブレながら落ちてゴールに突き刺さり、待望の先制点をもたらす。さらに前半30分には、ゴール正面から今度は遠藤。長身のデンマーク選手を越えて、あざやかな弧を描きながらゴール右隅のネットを揺らした。
序盤にデンマークに押し込まれていた守備も、徐々に調子を上げて守りきる。絶好の形で2−0とした日本は、そのまま後半を迎える。

後半はデンマークが選手を入れ替え、ロングボールでのパワープレーを開始。FWベントナーはじめ次々にボールが入るが、これをなんとかクリア。後半から入ったFWラルセンの強烈なシュートもバーに救われ、一進一退の攻防が続く。
試合が動いたのは後半36分。川島が一度は止めたPKを押し込まれ、これで1点差。引き分けでもいいとは言え、よもやという空気が流れかけた。
それを振り切ったのは、ダメ押しの3点目だった。ゴール前でのパスを受けた本田が反転して切り込み、GKとDFを十分に引き付ける。最後は中央につめていた途中出場の岡崎が流し込み、決定的な得点を奪った。


ホントに世の中、何が起きるか分からない。
まだまだ振り返る時ではないが振り返ってみるに、こんな展開を誰が予想したか? 
初戦で「不屈のライオン」カメルーンを撃破し、オランダ戦の敗戦も最小失点で乗り切る。そして今回のデンマーク戦の勝利。まだまだ危ない場面ばかりが目につき「よく勝てたものだ」と思うが、終わってみれば2勝1敗の勝ち点6。「3戦全敗」の予想も挙がっていた中で、堂々たる1次リーグの結果はそれなりに誇っていいと思う。
(開幕直前までヒドイ内容だったので余計に反動が大きいが。一体あのドタバタ劇はなんだったのか?)

次戦は1次リーグF組を1位で突破したパラグアイ。過去には名物キーパーのチラベルトと堅守で有名だったが、今大会はむしろ攻撃陣の充実が目に付く。来週火曜の深夜も、熱い戦いが繰り広げられること間違いない。
初のベスト8を目指した日本代表の戦いの先に、「夢物語」のベスト4が見えてくるかも知れない。


最後に。やっぱり世の中、何が起きるか分からない。
今大会は中堅、新興国の躍進の一方、常連国の不調が目立つ。前回大会で優勝を争ったフランス、イタリアが既に敗退し、イングランドは1勝2分で辛くも予選通過。ユーロを制したスペインも最終チリ戦での結果次第という状況だ。グローバル化によるサッカーの均質化や各リーグの事情により、強豪とのレベル差は縮まってきている。
さらには初のアフリカ大陸開催、1500m級の高地での試合、動きの読めない公式ボール・ジャブラニといった要素。そして「不可解」な判定による1発退場。良くも悪くも、何が起きるか分からない、スリリングな大会となりそうな今回のワールドカップ。もう少し注目してみるのも悪くない。












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154475754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。