2010年05月24日

近づくW杯、遠のく世界・・・

いよいよ来月に迫った、サッカーワールドカップ・南アフリカ大会。国内最後の強化試合として、韓国との対決に望んだが・・・

日本完敗、韓国に0−2 サッカーW杯壮行試合

結果は0-2の敗戦。韓国は朴智星(パク・チソン)がシュートを決め、終了間際にもPKで加点。言う事なしの結果だろうが、対する日本には「負けるべくして負けた」感じの試合だった。
まあ全部を見た訳じゃないけど、日本は相手を慌てさせるチャンスが少なかった。中盤からのボールにFW(森本だったか?)が反応し2列目から飛び込んできた選手がシュート!なんて場面もあったけど、相手を崩しきった機会はほとんど見られなかった。

これが韓国相手に、であるからいわんやW杯本番では・・・
今からでも遅くはない、川口を外して石川投下という決断はないのか??

このままじゃほぼ「ドイツの再現」となりそうな気もするけど、一縷の望みに期待したいものです。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。