2010年03月18日

今年の流行語?「非実在少年」

「非実在少年」という言葉をご存知だろうか?
ちなみに自分はコレを思い出しましたがw



次に思い出したのはコレとコレwww





いやあ「絶対少年」とか懐かしい。全体的に抑えた色合いとか、アングルに凝った画面とか、変わり者ばかりのキャラとか、地味ながら良作でした。ホノボノとした中にどこか妖しげな田菜編も、乾いた空気とシリアスさが目立つ横浜編もそれぞれ良さがあって、特にわっくんが・・


と言う話はさておき、件の「非実在少年」ですが。
現在改正に向け審議中の東京都の「青少年健全育成条例」において出てくるこの言葉、「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」を指すようです。
・・・はぁ?

つまりは「マンガやAVとかエロ本とかで、幼い女の子がエッチなことしてるのはけしからん!子供に悪影響があるから取り締まる!」てことです。(超要約)
コレ自体はイイことなんじゃね?て思うかもですが、実は大きな問題を抱えているわけで。

・規定があいまい:何を持って「みだりに」なのか、何が「健全」なのか不明。また実年齢やキャラ設定で18歳以上でも「18歳以下に見える」と規制の対象となる可能性がある。よって取り締まる側で恣意的な判断ができてしまう。
・表現への規制:取り締まりによって性表現が規制されると「悪いマンガ」「悪書」などのレッテルができてしまう。結果、玉石・良悪混合の土壌によって成り立つ豊かな創作文化全体が衰退してしまう。
・審議時間が短い:2月24日に条例案が出され、3月18日の総務部会で決まればほぼ議会で通ってしまう。その間ひと月足らずで、意見を述べたり議論する時間がほとんどない。
・東京都で条例ができる意味:単にイチ地方自治体の条例であるにとどまらない影響が懸念される。大手マスコミ、そして出版業界の9割が集まる東京都において規制が始まれば、そのインパクトは大きい。(そういう意味で東京を抑えるという某宗教団体の狙いは正攻法とも言える、てこれはまた別の問題w)

そういう訳で、超メジャー漫画家さんはじめ多くの方が反対を表明。
都青少年健全育成条例:改正案 子供への性暴力描写規制、漫画家ら反対表明
この中には「ハレンチ学園」「デビルマン」の永井豪、サンデーの二大看板・あだち充に高橋留美子、はたまたさめだ小判までw 豪華な顔ぶれです。

結果的に、この問題は現時点では継続審議となり、即成立という事態だけは免れた訳ですが。
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会


基本的に反対を表明する立場の人は、無条件で恣意的な規制が、なんの議論もなく行われようとしている事に危惧を抱いている訳で。その一方で賛成派の意見は「子どもが性の対象になるのはイカン」の一点張り。こりゃ議論が噛み合ない訳です。まあ某山本モナとか言う人がくだらないコト言ってネットで顰蹙買ってるのなんか、カワイイものですw

ホントにこの先どうなるか、予断を許さないのは確かです。「子どもに見せたい作品」だけが蔓延する社会・・・実に気持ち悪いと思いませんか?
推移を見守ると同時に、自分が好きなアニメ・漫画のためにも何か行動するべきかなと考え中であります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。