2010年01月21日

そこまでして式やりたい!? 〜代理出席

最近何かで見たが、「結婚式の代理出席」なんてサービスがあるらしい。

相手方の出席者と人数のバランスが取れないというのは、よくある話。急な用事で代わりに他の友達が、なんてのもあるだろう。
だが紹介されていた事例は、転職を繰り返したので友人がいない、親と仲違いして出席していないから、などなど。正直、そこまでして結婚式やらんでええやろ!と思った次第。しかも今でも相手には秘密にしてるってんだから。。。

そりゃ一生に一度、中には何度も経験する人もいるだろうが、まあ大多数の人にとっては最初で最後の大舞台。自分にとっても相手にとっても最高の式を、みんなに祝福されたイベントに・・・という気持ちは分からんでもない。
だからといって代理で「オメデトウ!」言われても。。。嬉しいものかねぇ。代理のスピーチなんて悲し過ぎるし。他にも
・代理父とのバージンロード
・代理の神父(→そりゃ普通かw)
・代理家族と一緒に親族写真
・代理のブーケトス
・代理友人の歌のプレゼント
・代理出席者による新郎当てクイズ
・代理でビデオレター、電報
・代理友人に一気させられる
など考えていくと、もはやホントのモノなどない、虚栄の固まりの儀式でしかないわけで。


zetsubo.jpg
絶望した! ウソで固められた結婚式に絶望した!

まあでも「虚栄の固まり」ってのは当たっているよね。
当人たちがよければそれでも、、、いいのか? よくないよなー。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。