2009年12月24日

今すぐ辞めやがれ!!

世の中クリスマスイブ。
世界中の子ども達にサンタさんとトナカイがプレゼントを配って回り、日本中のフランス料理店とホテル街が最もにぎわう日である。(ホントかw?)

そんな夢にあふれるこの日、鳩山首相の元秘書が、偽装献金事件で在宅起訴された。一方で首相は嫌疑不十分で不起訴に。なんだそりゃ。

はじめは「知らない」なんて言っていたのに、いつの間にか「母からもらった」「贈与税を払う」などと言い逃れ。そのまま逃げ切りそうな情勢だが、一体検察は何をしているのだろう。なんかバーターがあったんだろか

そして元秘書が起訴されたことに関し、鳩山首相が記者会見。
鳩山首相、献金偽装の元秘書起訴で謝罪 辞任は否定、6億円納税を表明

「国民の皆さまに深くお詫びする」と陳謝した上で「政治家としての使命を果たすことが私の責任の取り方だ」と辞任を否定。その一方、「辞めろと言う国民の声が圧倒的になった場合には尊重しなければならない」と述べた。

よし、よく言った。さすがは総理大臣。
鳩山由紀夫辞めろ!
議員を辞めろ!
今すぐ辞めろ!
ものすごい勢いで辞めろ!
辞めろヤメロやめろ辞めろヤメロやめろ辞めろヤメロやめろ・・・
(なんだそりゃw)
いやほんと辞めて下さると宜しいのですが。(敬語)


野党時代に首相がなんと言っていたか。
「秘書の行為の責任は議員の責任である」と。

以下Wikipediaから引用すると
「言うまでもなく、秘書の罪は国会議員の罪である」
「自分に降りかかった火の粉は自分で進んで払うべきである」
「私は以前から鈴木議員に辞職を求めてきたが、議員の分身といわれている会計責任者の逮捕は、議員本人の責任であり、改めて強く求める」
「私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば『あれは秘書のやったこと』とうそぶいて自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです」

これだけ自分で言ってて辞めないなんて、、、どんなインチキ首相かと。恥ずかしくないのかと。
まあ衆院選前から言われてたのにココまで引き延ばしましたからねえ。このまま「何もなければ」続投でしょう。そうならないためにも、今ココで声を上げてみようじゃないですか。「鳩山首相は今すぐ辞めるべきである」と。













この記事へのコメント
鳩山由紀夫は、野党時代に与党の議員を追及して勇ましくこう言っていた「金庫番として働いた元秘書が罪を問われるなら共同正犯だ。議員を即刻辞めるのが筋だ」。
この考えを自分自身に適用すれば、鳩山由紀夫は即刻に辞めなければならない。しかし、辞めなくてよい。
鳩山由紀夫は辞めないことにより支持率がさらに低下して、参議院選で民主党が惨敗することに望みを託したい。
Posted by 鳩山由紀夫の偽装献金 at 2009年12月26日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136481249

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。