2009年06月17日

2009年交流戦優勝決定!

立った、立った、クララが立った!

kurara.jpg
と言うより死んでるな


記事を書いたのは、昨年の今頃。

最終戦までもつれにもつれた昨年のプロ野球交流戦、激闘を制したのは福岡SBホークス。微差の争いをきわどく制し、交流戦で初の栄冠を勝ち取った。

そして1年後、当時コーチだった秋山監督が率いる新生・若鷹軍団。並み居るセ・リーグ球団相手にここまで勝率8割、3試合を残してぶっちぎりの優勝を果たしてくれた。


昨年はこの時点でパ・リーグ3位。これから一気にという願いとウラハラに、中盤・後半戦は失速し最後は苦汁をなめた。
しかし今年は違う。なんといっても現在首位!と言いたいところで今日負けて2位に落ちたが、それでも勢いは衰えていない。投打に好調な助っ人陣、松田らケガ人の復活、長谷川を始めとした成長を果たしつつある若手選手と、戦力が充実しつつある。特に先発・ホールトン、セットアッパーのファルケンボーグ、中軸を打つオーティズと投打に強力な柱ができたのが大きい。あんまり期待してなかっただけに、、これは儲けモノですな。

気掛かりなのはチームの中心選手。
近頃元気のない松中、ケガで離脱の和田、救援失敗が続いた馬原。馬原は昨日もホールトンの勝ちを消したし、最近ちょっと疲れとるのか。まあ投手陣にはだーいぶ負担掛けてるのは確かだが。
この3人が復活しないことには若鷹軍団のエンジンは不完全燃焼。半開のアクセルで勝ち切れるほど、今のパ・リーグは甘くない。これからが長いシーズン、時間はまだあるし少しずつでも回復基調に乗せてもらって、勢いを持続して欲しい。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121713728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。