2009年06月08日

とうとう全仏で・・・

フェデラーが勝ちましたね。遂に。

2009年のテニス・全仏オープン。もっか全仏4連覇中の第1シード・ナダルが4回戦で敗退するという大波乱の中、彼を破ったスウェーデンのソデルリングが初の決勝に進出。一方第2シードのフェデラーは苦しみながらも、2度のフルセットでの逆転勝利を勝ち抜き、4年連続で決勝に進出。結果、6-1、7-6、6-4のストレートでフェデラーが圧勝。念願の全仏優勝とともに生涯グランドスラムを達成。4大大会の優勝回数を最多の14に伸ばし、あのサンプラスの記録に並んだ。

決勝の模様はYouTube等で断片的に見たけど、割と危なげないというか、フェデラーの強さが目立った試合でした。むしろ準決勝でのデルポトロ戦の方が逆転勝ちという事もあって、面白かったような。
まあナダルの敗退と言うのは大きかったけど、その中で勝ちきってしまうというのは流石の一言でしょう。ここ数年の充実ぶりは「史上最高のプレイヤー」に相応しいと言える。

残念な結果に終わったナダルは、ケガのために次の4大大会であるウィンブルドン欠場との噂も。マドリードオープンでのフェデラーとの決勝も動きに精彩を欠くように見えたし、今はガマンの時期なのか。。。
ともあれ、次はウィンブルドン。どんなドラマが生まれるか、楽しみです。











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。