2009年04月29日

やっぱり河下作品はエロイ。。

オレは・・・ナメてた!
とりあえず、河下先生ゴメンなさい。
そしてJ.C.STAFFありがとう。

hatsukoi.jpg


一体何がかと言うと、現在放映中の「初恋限定。」(ハツコイリミテッド)の話。週間少年ジャンプで連載されていた河下水希の同名マンガが原作のこの作品、中身は読んで字の如し、ピュアな初恋ばかりを集めたラブコメである。

原作の印象はと言えば、のっけから女子中学生の縞パンが出たり、超巨乳な委員長が水泳やったり、それを横目で眺めながら、あぁまた「チョイエロなラブコメ」が始まったなぁくらいだった。そして気付けば連載は終了していた。

が、今度のアニメを見ればその認識が誤りであったと言わざるを得ない。この作品は決してチョイエロラブコメなどではないのだ。

まずね、女の子がエロイです。エロ過ぎます。そんじゃそこらのチョイエロとはワケが違う。
いちいちアクションの度に捲くれるセーラーの裾、波打つ胸の膨らみ、ひらりと舞い上がるスカート、そしてチラリと見える布。単なる布になぜにオトコは反応してしまうのか・・・ 
というか女の子が5割増でカワイイ。全員美形なのはお約束として、スタイルも抜群。唇とか妙につやつやしてるし。これに動きと声が加わってもう5割、10割増でカワイイ。画もキレイだし、ありゃ反則だわ。

一方で単なるエロでは終わらないのがこの作品。中、高校生の揺れる心情を丁寧に描き出す。この辺は原作準拠と言うか、少年マンガ的お色気と少女マンガ的心情描写の両刀使いたる河下作品の特徴が生きている部分だろう。

と言うワケで、予想以上のデキとなっているこの作品。1クールだと単なる「パンツアニメ」で終わっちゃうので、できれば2クールでじっくりやって欲しいのですが。(いや決して女の子キャラがカワイイからずっと見ていたいとか、そんなわけないですヨ・・)











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。