2008年11月29日

続々!鷹にまた外国人投手

テロテロと騒がれた元厚生事務次官を狙った事件は、キチガイヤローが出頭して終結。あんなのに刺されたなんて堪らんなぁと思っていたら、インド・ムンバイでは本物の同時テロが勃発。一方タイでは反政府勢力にバンコク空港が占拠されるし、世界同時不況とともに地球上に不穏な空気が満ち始めた、今日この頃。

そんな中、SBホークスでは外国人投手獲得のニュース。ホールトン、陽、先に獲ったファルケンボーグに加え、今回のジャマーノ、ローと外国人投手は実に5人。ちょっと国際化し過ぎなんじゃね?とも思うが、これだけ補強しないといけないと言うのが悲しい現実。て、ホールトンは残留してたのかよ!

ついでに新しい囲い込み制度・育成選手も大量5人を獲得し、だんだん巨人そっくりになってきた鷹軍団。勝って欲しいのは当然だけど、外からドカドカ補強するより生え抜き選手が活躍して欲しい気もする。とは言え今の戦力じゃ物足りないし、でも育成も問題ある制度だし。新生・秋山ホークスは一体どうなるやら。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。