2008年10月24日

さすが石原! でもないか。

近ごろ知事がバトルするのが流行ってるのだろうか?
大阪で知事と新聞屋が文句の言い合いしてると思ったら、東京では知事と厚労相が非難合戦の模様

事の起こりは都内で脳出血に陥った妊婦が、病院をたらい回しになった末に出産後死亡した事故だ。最終的に受け入れたのは都立墨東病院だったが、当時当直医が1人しかいなかったり、症状についてうまく伝わっていなかったりと、多くの問題が指摘されている。事態を重く見た厚労省は舛添大臣が墨東病院を直接視察、「都には任せられない」との発言を受けた石原都知事が「国には任せられない」と返した、という流れ。

別に煽るワケじゃないけど、ココはもっとやれ!と言いたい。(煽ってるやろw)
現在の医師不足、特に産科・小児科で担い手がいないという事態は国の政策による結果だし、また都立病院は都が管轄しているというのも事実。互いに張り合って改善しあうのであれば、どんどんバトルすべきだろう。今回のように人も病院も医者も少ない地方だけでなく、東京や大阪など大都会の真っ只中で痛ましい事故が発生するという、まさに待ったなしの現在。舛添大臣と石原知事なら十分やり合えると思うのですが。

ついでに言えば、2兆円の定額減税なんてバラマキやらんでですよ、医師不足解消のために診療報酬上げるとか、出産などの保険外診療に使うとかの方が、よっぽど喜ばれると思うんですが。そうすりゃ産めや増やせで出生率も向上し国益にもかなうし、下手な移民政策しないで済みます。どうせ定額減税しても預金高が2兆円増えるだけですし。そしてそのお金が某学会のお布施になって公○党のもとへ
この記事へのコメント
 消去部分のこと、知りませんでした。というのも、昔選挙前に、この党が必死で叫んでいた『地域振興券』なるものがありました。経済効果など全くなく、ただ貯蓄に回っているものとばかり思っていました。実はそうだったのですか? それで味をしめて?今回もバラ撒きをやるのでしょうかね?
 この党は目先の事しか提案しないようですね? 年金法を改定した時、「これで百年大丈夫」と言ったのも、この党の厚生大臣だったと記憶していますが、今日の事態をどう思っているのでしょうかね?
Posted by Do It Ourselves at 2008年10月25日 00:17
自分自身が見聞きしたわけでもないので何とも言いかねますが・・・目先の事しかというのは確かでしょうね。
Posted by 木星人 at 2008年10月27日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108558677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。