2010年06月25日

WAWAWA ワールドカッ・・・のわっ!

世の中、何が起きるか分からない。
まことに世の中というものは、不思議なものよのう。

さてワールドカップの南アフリカ大会。日本は決勝トーナメント進出をかけ、グループリーグ最終戦のデンマークとの戦いに臨んだ。
今回はキックオフが日本時間の午前3時。もしかすると消化試合になるかもとの思惑でこの時間帯に押し込められたのかもしれないが、ところがどっこい、負ければ1次リーグ敗退の大事な戦い。さぞや日本中で、眠い目をこすりながら多くの人が応援したことだろう。

そんな寝ぼけ眼を醒ましたのが、試合前半のフリーキック!
前半17分、ゴール右からの本田のシュートはブレながら落ちてゴールに突き刺さり、待望の先制点をもたらす。さらに前半30分には、ゴール正面から今度は遠藤。長身のデンマーク選手を越えて、あざやかな弧を描きながらゴール右隅のネットを揺らした。
序盤にデンマークに押し込まれていた守備も、徐々に調子を上げて守りきる。絶好の形で2−0とした日本は、そのまま後半を迎える。

後半はデンマークが選手を入れ替え、ロングボールでのパワープレーを開始。FWベントナーはじめ次々にボールが入るが、これをなんとかクリア。後半から入ったFWラルセンの強烈なシュートもバーに救われ、一進一退の攻防が続く。
試合が動いたのは後半36分。川島が一度は止めたPKを押し込まれ、これで1点差。引き分けでもいいとは言え、よもやという空気が流れかけた。
それを振り切ったのは、ダメ押しの3点目だった。ゴール前でのパスを受けた本田が反転して切り込み、GKとDFを十分に引き付ける。最後は中央につめていた途中出場の岡崎が流し込み、決定的な得点を奪った。


ホントに世の中、何が起きるか分からない。
まだまだ振り返る時ではないが振り返ってみるに、こんな展開を誰が予想したか? 
初戦で「不屈のライオン」カメルーンを撃破し、オランダ戦の敗戦も最小失点で乗り切る。そして今回のデンマーク戦の勝利。まだまだ危ない場面ばかりが目につき「よく勝てたものだ」と思うが、終わってみれば2勝1敗の勝ち点6。「3戦全敗」の予想も挙がっていた中で、堂々たる1次リーグの結果はそれなりに誇っていいと思う。
(開幕直前までヒドイ内容だったので余計に反動が大きいが。一体あのドタバタ劇はなんだったのか?)

次戦は1次リーグF組を1位で突破したパラグアイ。過去には名物キーパーのチラベルトと堅守で有名だったが、今大会はむしろ攻撃陣の充実が目に付く。来週火曜の深夜も、熱い戦いが繰り広げられること間違いない。
初のベスト8を目指した日本代表の戦いの先に、「夢物語」のベスト4が見えてくるかも知れない。


最後に。やっぱり世の中、何が起きるか分からない。
今大会は中堅、新興国の躍進の一方、常連国の不調が目立つ。前回大会で優勝を争ったフランス、イタリアが既に敗退し、イングランドは1勝2分で辛くも予選通過。ユーロを制したスペインも最終チリ戦での結果次第という状況だ。グローバル化によるサッカーの均質化や各リーグの事情により、強豪とのレベル差は縮まってきている。
さらには初のアフリカ大陸開催、1500m級の高地での試合、動きの読めない公式ボール・ジャブラニといった要素。そして「不可解」な判定による1発退場。良くも悪くも、何が起きるか分からない、スリリングな大会となりそうな今回のワールドカップ。もう少し注目してみるのも悪くない。












2010年06月23日

次の錦織選手の活躍を早く見たい!

残念ながら、世界の壁は厚かった。

【ウィンブルドン】1ゲームブレークがやっと 錦織、ナダルに脱帽

まあ相手が全仏王者、世界ランキングでもフェデラーを抑えて1位に立つ、今大会第2シードのナダルです。簡単に勝たせてはくれないけど結構イイ試合にはなるのでは・・・と期待していたのですが。1セットはおろか、1ゲームしかブレイクさせてもらえないとは、流石はナダルといった感じ。

とは言え、錦織の可能性も随所に見えた試合でもありました。
スコアを見ればストレート負け、完敗といえる試合でしたが、随所に見られた正確なフォアハンド、鋭いライジングショット、ネット際に出て勝負する場面など、見ていて期待感を持たせるゲームだったのは確か。後はそれを1ゲームの中で続ける技術、集中力をいかにつけるか?と素人分析してみたり。今後の活躍を見てみたいものです。
それにしても、いの一番の第1セット第1ゲーム、いきなりブレークを許したのは勿体なかったー。


さてさて、オープニングマッチで「崖っぷち」から勝利した芝の王者・フェデラーの今後は? そしてデンマークとの決戦を迎える日本代表の運命は?
ワールドカップもあるし、ウィンブルドンもあるし、この2週間は嬉しい寝不足に悩まされそう。












2010年06月19日

まだだ! まだ終わらんよ!

長友いいよ!

ワールドカップ2010アフリカ大会。オランダとのグループリーグ第2戦、予想通りと取るか、健闘と取るか、0-1の敗戦で日本代表は勝ち点を取る事は叶わず。最終戦のデンマークとの戦いに全てを賭ける事になりました。

途中まではオランダをある程度抑えてたんですけどねー。ワンチャンスをものにする、日本が初戦カメルーンとの戦いで見せ、そしてオランダ相手にやろうとした事を相手にやられたってのは、やっぱり悔しいです。まあ期待値の割に試合は結構面白かったからたいへん満足です。

その中でも上述の長友選手、試合開始から左サイドで、そして選手交代でメンバーが替わってからは右サイドで、獅子奮迅の躍動を見せていた。足の遅い中沢、闘莉王ならともかく、もっと長友を活躍させるって手もあるかもしれません。
たとえば1トップの本田を起点に、松井や大久保がキープした所で上がってきた長友にボールを託し、最後は早いセンタリングからゴールを決める・・・ 結構確率高いのでは?(妄想?)

まあ負けて仕方ないとも言える試合だったけど、あらためて見るにスナイデルの得点は悔やまれる所です。あれさえ止めていれば勝ち点1だったのに。てか、やっぱり日本はまだまだ格下なんですなww

テレビ朝日と香取のウザイ放映は置いとくとして、結果的には最少失点で乗り切れました。今大会はイングランド、スペイン、ドイツといわゆる強豪が苦戦を強いられる試合も多く、まだ望みを捨てるには早過ぎます。(とは言え過度の期待は禁物ヨw)

何よりも救いは、選手、そして監督が厳しい表情を崩してない点でしょう。まだあきらめてない。3戦目に向けて早くも冷静なシミュレーションを開始している・・・と思いたい所です。

まだだ! まだ終わらんよ!













2010年06月17日

ワールドカップ、本命はアルゼンチン?

アルゼンチン、韓国下し連勝=イグアインがハットトリック

メッシすげー
いや点取ってないですけどね。
数々の得点チャンスを演出する様は、監督・マラドーナを越えたとの声もあるそうで。まあ今と昔では単純比較はできないし、まだ大会は始まったばかりですし・・・
それにしても2、3人でチャンスをモノにしてしまうアルゼンチン攻撃陣。不用意な失点は心配だけど、この調子だと王者ブラジルは除けたとして、今大会の本命はアルゼンチンということに??


それにしても個人的に期待していたスペインは、スイスに苦杯を舐めさせられてしまいました。まだ可能性は多いとはいえ、心配です。というか、毎回のようにやってくれます。


あ、日本ですか?
もちろん期待してますよww











2010年06月15日

快挙達成!さて今後どうなるかですよ。

まったくもって、昨日は興奮冷めやらぬ一日だった。

はやぶさ帰還…小惑星の砂、期待

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の打ち上げた工学実験探査機「はやぶさ」。2003年に打ち上げられてから実に7年あまり、おととい地球に帰還。サンプル回収用のカプセルを投下した後、大気圏で燃え尽きて任務を終了した。

hayabusa02.jpg

hayabusa01.jpg

ネットから転載した「はやぶさ」突入時の写真。
こういうの見ると、宇宙へのあこがれを掻き立てられるというか、ちょっと詩人になってみたい気にもなります。たまには夜空を見上げてみようかな、と。


最近では「かぐや」が月表面の詳細映像を送ってきて話題になったけど、まあ普段は宇宙探査なんてニュースにならないわけで。「はやぶさ」も打ち上げられたのが7年前、その後の動向は一般的にはほとんど注目されてなかったわけです。
その間、燃料漏れによる化学エンジンの故障、姿勢制御装置の故障、イオンエンジンの停止などのアクシデントが続出し帰って来れないのでは、とニュースで読んだ覚えがある。そんな苦難を乗り越えてこうして帰還できたと言うのは、もうこれってみんなの祈りが呼んだ奇跡みたいなものだね!(ハズカシいセリフ禁止やなー)
てかエンジン壊れても帰れるって、どんだけ不死身なんだよってw

ミッションの目標の一つであった小惑星「イトカワ」のサンプル採取、これは機器の作動に失敗。しかし回収したカプセルに小さな埃、砂が入っている可能性は残っているそう。今後の分析にも期待したいものです。
なにより数々のトラブルを乗り越え、60億キロもの航行を完遂。そして大気圏突入時にカプセルを無事に投下。そして機体は大気圏で燃え尽きるわけだが・・・

hayabusa03.jpg

「はやぶさ」が消滅する30分前に撮影した最後の写真。はるばる帰ってきた「はやぶさ」に地球を見せようと撮ったものだとか。うーんマロン、いや浪漫ですな。

ただ今後の宇宙探査については、先日の事業仕分けを受けて今年度予算が減らされたばかり。一体今後どうなることやら・・・
と思っていたら、この快挙を受けて宇宙関連の予算も検討し直されるとか。当然という思いの一方、なんという変わり身の早さにあきれる次第。だからあれほど(ry


あ、ワールドカップ始まりましたね。
日本は、初戦でカメルーンに「ミラクル」勝利!
いやーこれも意外な快挙ですわ。まあ今度の土曜日、オランダ戦では現実を見るハメになるでしょうが・・・

kokojigoku.jpg

これからがほんとうの地獄だ・・・















2010年06月08日

鳩山首相ナキあと・・・

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『鳩山首相が辞めたと思ったら
いつのまにか管副首相が首相になっていた


な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

オザワン辞任だとか民主党代表選だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


というワケで、ポルナレフ並みの超体験をしてしまった今日この頃。
鳩山・前首相が辞めたのが6月2日。
管・前副首相が樽床ナントカという人に勝って、民主党代表になったのが4日。
そして今日8日に、管新内閣が誕生。この間わずか6日間。さて一体何が変わったのだろう?

菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任

・岡田克也外相と北沢俊美防衛相をはじめとする11人を再任
・財務、農林水産両相には、野田佳彦、山田正彦各副大臣が昇格
・官房長官には仙谷由人氏が国家戦略担当相から横滑り
・「事業仕分け」に取り組んだ蓮舫参院議員は行政刷新担当相に就任
・菅氏側近の荒井聡氏は国家戦略担当相
・玄葉光一郎政調会長が入閣し、公務員制度改革や少子化対策などを担当

泥沼化した普天間問題を、留任した岡田外相と北沢防衛相で解決?
まったく機能しなかった農林副大臣が昇格? (大臣は問題外)
「事業仕分けで騒いだだけの人」が行政刷新担当大臣?
ああそう言えば、もう一人事業仕分けで有名になった枝野サンが
幹事長なんですってね。ところでこの人ほかに何してたの?

別に水着ギャルがキャスターやろうがその後大臣なろうが、いいですよ。
しかし「事業仕分け」という大々的なマスコミ・国民向けパフォーマンスで
いかにも「仕事した」ってツラで大臣になるのはおかしかろう?

そも。
管首相は前政権で副首相だったワケで。それを責任も取らずにスピード選挙で決定って、ちょっと待てよと言いたい。
小沢が辞めて鳩山が辞めて、「クビ」だけ変えれば愚民は満足だろうって言いたいんだろうか。いや実際その通りで、管首相に期待する人が60%もいるんだそうで。アホらし。

さてこの先、まだまだ超体験が起きるのだろうか。












広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。