2009年03月31日

超弩級ラブコメ、感動の完結!

と言うことで、竹宮ゆゆこのラノベを原作とした「とらドラ!」が無事に放送終了。

「超弩級ラブコメ」の煽り文句の通り、逢坂大河(とら)と高須竜児(ドラ)を巡る「ラブ」と「コメ」のお話。と思いきや、シリアス模様に縁取りされた意外な展開が満載。しかも「ラブ」をお茶濁して1クールで終わり、ではなくきっちり2クールでまとめ上げたのは、個人的にポイント高し。
ただ掘り下げ足りないと言うか、ちょっと説明不足なエピソードもあってもっと話数があればという感じ。まあ3クールやるには長いしテンポも確実に落ちるし、あと3話足してちょうど良い塩梅なのでは。

toradora.gif

なにより、いろんなエピソードを入れながらも決して定番通りの展開にならないのが良かった。
クラス替え、恋の共同戦線、プール開き、夏の海、文化祭、クリスマス、修学旅行。お決まりのイベント事ではあるが、始まりは現実より面白楽しく、だけど終わりはちょっと重く切なく。こうありたい、こんな学園生活を送りたいと言う見る側の期待、妄想を膨らませておいて、決してそんな甘い「100%理想」の展開にはならない。シビアというか、スパイスが効いてるというか、『そういう風にできている』んですねぇ。

オハナシ全体も最初はドタバタのラブコメで始まりながら、後になるにつれ登場人物の本音が表出し始め、次第にトーンはシリアスさを増していく。とは言えウツになり過ぎずに最後に爽快な気分に至るのは、登場人物一人一人が暴走せんばかりに、精一杯走り、ぶつかり、悩み、涙をこぼし、微笑む姿に共感するからだろう。本気のみのりん(櫛枝実乃梨)、(・∀・)イイヨイイヨーw


物語の中盤、海辺のテラスで想い人の櫛枝と2人きりの竜児。星空と櫛枝、溶け出すアイスとこぼれる言葉。
「高須君は、幽霊見たことある?」
「俺は、見たいのかも知れない」
「お前に見て欲しがってる幽霊が、どこかにいるって思うから」
「アピールしてるんだ、ワカメの霊が」
いやー、、ムズムズしますわw

そして竜児のモノローグで始まる第1話。
『この世界の誰一人、見たことがないものがある』
その直後、鏡の自分とファッション雑誌を見比べ「嘘っぱちだ」とボヤく竜児と、それに被せて続くモノローグ。
最終話、誰もいない教室にたたずむ竜児のバックで、どこかで聞いたようなモノローグが始まり、
『誰もそれを見たことがない』
『だけど、いつかは誰かが見つける』
そこで掃除用具入れの中に「それ」を見つける竜児。
モノローグとシンクロした形で物語は始まり、終わる。作画もよかったし、キレイにまとまったなーと言う感想だ。オープニングも適度に電波出てるし、最後まで飽きずに楽しめる。100点満点ではないけど、個人的には今年度イチバンのアニメと言うことで。
まあ映像の爽快感があってこそと思うので、原作で読んだら若干キツく感じる作品なのかな? 読んでみたい気もするが、さてさて。

















2009年03月28日

岡田ジャパンにチャレンジ精神はあるか?

いよいよ年度末、変わり目の季節。
関東圏と違いチャネルの限られるこちらでは、新作アニメの放送日確定に一喜一憂の日々。そしてこの時期終わりを迎えるアニメ番組も多数。いやほんと多過ぎて最近追い切れてないんですけど。。。(汗
(最近はGyaoはじめネットでも見れるしねー)

そんな中でも2クール続いた「とらドラ!」がいよいよ最終回。好きな相手と親友同士の2人・大河と竜児を中心としたラブコメは、思いもよらぬ展開になり毎回ハラハラし通し。(・∀・)イイヨイイヨー
終わったら是非ともまとめ記事書きたいとは思っていますが。
後は原作・田中芳樹のスペースオペラ「タイタニア」が思いのほかアッサリ終わったのが残念だったり、悩めるガンダム乗りの物語「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」は最後まで気持ち悪さが残りそうな感じだったり、前期に続いていい感じの「ドルアーガの塔」はまだ録画分が残っていて最終回迎えられなそうだったり、そんなこの頃。


さて、そろそろ本題、サッカーのワールドカップ予選。
目の上のタンコブ・オーストラリアはさておき、目下3位で日本を追うバーレーンとの一戦。ホームでの試合ということもあり、是が非でも勝利し勝ち点3の欲しい岡田ジャパン。結果はと言うと・・・
1-0で辛くも勝利!

まあ、いつもの日本でしたね。良くも悪くも。引いて守る相手に対し、なかなか有効な攻めを浴びせられない攻撃陣。そしてカウンターからの攻めに対し度々ゴールを脅かされる守備陣。
いつもと違ったのはカウンター攻撃に遭っても、ディフェンス陣が集中して相手に仕事をさせなかった事。シンプルで速いバーレーンの仕掛けだったが、慌てることなく十分に対応できていたように思える。
それにしても中村俊輔のフリーキックで得点できたのは、日本にとっては正に値千金。僥倖とも言える得点だった。得点後は相手の出方が変わったこともあり若干積極的に攻撃できていたけど、もっとチャレンジできる機会が多々あったように思える。

例えば右サイドの内田。まだハタチそこそこの若い選手だが、今日の試合でも画面の前で歯軋りするようなミスも見られた。が、後半20分頃に放った強烈なシュートは数センチ下ならゴールネットを揺らしていた惜しいシュートで、こういう「おおぉっ!?」と思わせるプレーを見たいと感じた。そのためにはもっとチャレンジする勇気をチーム全体に持ってもらいたいと思うわけで。
一方でボランチに位置する遠藤。個人的にはもっと前で、ゴール前で暴れる姿を見たかった。そうすることで厚みのある攻撃もできるし、FWのプレーも活きてくると思うのだが、とは言え、守備の要所要所で見せるいい仕事は捨てがたいワケで。。。いやでも日本の戦力的には可能とおもうんだが。だが。だが。

まあ、勝ったのは収穫です。ウズベキスタンがカタールに勝って少しオドロキだけど、次でウズベキを叩ければ日本にとっては大きな結果となります。次回はもっと!挑戦する岡田ジャパンを見てみたいものです。














2009年03月24日

侍ジャパンの すごい 連覇!

やりましたねー。
野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。今大会5度目の対戦となった、日本−韓国の決勝戦。追いつ追われつの激闘、延長戦までもつれたこの戦い。最後に決めたのはやはりイチロー!15安打を放った日本が、5−3で韓国を振り切り見事優勝。いやーやってくれました。

ichiro.jpg
(上記日経記事より転載)


ん?
15安打の猛攻で5点?
追いつ追われつ、延長戦での勝利?

冷静に見ればチャンスで拙攻の末に突き放せず、投手陣がしのいだ末になんとか押し切ったと言うのが実情か。韓国の粘りにも遭ったが、もっと圧倒できたのではと思う。まあ一歩間違えば逆転、そしてサヨナラもあったワケで、「たら」「れば」はガイヤの勝手な言い分ですな。

とは言え、今日のイチローはキレてましたねぇ。最後の打席も集中を切らさなかった。(その最後の打席しか見てないけど) 準決勝までの不振からよくぞここまで、ですね。もちろんイチロー以外の打者が打ってこそお膳立てが整ったワケだが、そこで見事打つというのは、スゴイの一言だろう。
とにかく、ウルウルまなこの原監督w含め、日本チームには「ありがとう」ですね。


ちなみにもう一人、渦中のイチロー
公設第1秘書が起訴されたが、民主党の党首続投を表明。なぜかと言えば、、、いろいろ理由があるらしい。


さてWBCも終わったことだし、次はいよいよ日本のプロ野球ですね。秋山ホークスの奮起に期待しましょう!












2009年03月21日

東のエデン、期待していいかな? かな、かな?

3連休。嗚呼3連休、3連休。

外を見渡せば、桜前線が猛進撃。ほんと最近あったかいです。
東京湾アクアラインと本州四国連絡高速道路ではETC利用者を対象とした高速道路料金の値下げが始まり、春の陽気にも誘われたか、いずれも利用客が大幅に増加。ETCの新規取付け向けの助成も大盛況のようで、申込者は100万台を突破するのではとも言われている。車載器も全国の店舗で瞬殺状態。あなオソロシヤ。

そんな春は出かけるにピッタリの季節ではあるが、言わずもがな、番組改編の季節である。と言うことで前置きは置いといて、4月からの春アニメ、「東のエデン」に関するニュース。

神山監督にIG、川井憲次でも期待させるのに、原画が羽海野チカという、個人的にはかなり興味をそそられる訳だが、何よりオリジナル作品と言うのがね。ここ数年来、原作モノ隆盛極まれり、劣化するくらいなら見ない方がいんじゃね?と思いつつ、普段ラノベ読まないんでまぁ別に構わないんですが。
と言うか自分の場合、アニメ→原作のパターンが多いので、まんまと罠に嵌ってるような気も。ともかく計算しづらいオリジナルで勝負ってとこに、期待してみたいと思います。
後はノイタミナ枠だから・・・ちゃんとこっちで放映されるかが問題。 

ちなみに「エデンの東」てあったよな?と思ったらコレですね。
ジェームズ・ディーンのデビュー作。監督はエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックが1952年に発表した長編小説で、旧約聖書の創世記におけるカインとアベルを題材としたものだとか。
そういや「東のエデン」のキャラ表に羽根付の犬がいたな。。。なんか聖書モチーフの話なんだろか。


「東のエデン」公式はコチラ














2009年03月16日

春到来! ちょっと早過ぎか・・?

今月はじめに書いた春到来の記事
それから半月経って、福岡市では今年初の桜の開花宣言。まだまだ寒い日はありつつも最近とみに暖かくなったなーと思ってたが、もう咲き始めるとは。河原の菜の花も満開で、いよいよ春が来たようだ。


ちなみにその時オマケで報じた日テレの誤報問題だが、社長が辞任したそうで。ほんと読売グループはなんとかならんのかねえ。














2009年03月04日

ルーリン彗星・・・見えず。

「人は見たいものしか見えない」とよく言うが、現実はそうでもない。嫌でも見たくないものが目に入る事しばしばだし、逆に見たいと思っても到底見れない事も多い。

例えば政治。民主の小沢代表が逮捕され公設秘書が捕まったり、妙なゴタゴタばかりで、真に見るべき事は一向に見えない。(ひとえに不勉強なだけか。。)

例えばボクシング。亀田兄弟とかどうでもいい奴ほどテレビに流れる。(まだTBS放送する気か?)

後は・・・ルーリン彗星とか。こっちは見たい方。
見えるのはナント数万年に一度のチャンスだとか。地球に再接近したのは先月24日だったが、条件が良ければ肉眼でもかろうじて見えるらしい。らしい。

と言うことで、何度か河原に出かけてみたが・・・
見えん。まったく。
天気が悪かったり、遠くの街灯が意外にジャマだったり、双眼鏡すら持ってないし、そもそも星座知らないから場所がよく分からん。国立天文台の今日のほしぞらで調べてみたが、それでもよく分からず。
まあ、にわか天文ファンに見つかるほど敵も甘くないってことか。













2009年03月02日

しばらくグダグダのまま・・・か?

年度末。出てくるニュースと言えば。

自民党:09年度補正予算成立後に解散を…古賀選対委員長
それより早く予算を上げんかい!

迷走した麻生発言…給付金「受け取れ」の声に抗しきれず
ほとんどの自治体じゃすぐには貰えないんですが何か。

武部氏首相退陣論に自民党内から賛否
まだ生きてたのかよ。

小沢氏、火消しに躍起 米軍縮小発言で党内外、安保議論加速
わかんねー。

うーん足の引っ張り合いやら、自爆やら、今やる事じゃないような。それより日本郵政の問題をどんどん取り上げましょうよ。(ぽっぽぽぽぽぽぽっぽ〜)
こんなんgdgd(グダグダ)やってるから中国外相会談でも尖閣でナメられる訳で。ガス田も毒ギョウザもそのままだし。。。



まあそれはそれとして、現実逃避のニュースでも見るかw
いやーPSP持ってなくて良かった。いらん部分もあるけど、うっかり買っちゃうかもしれん。(ゲームせんのに、そりゃないやろ)
そういや原作読んだコトないが面白いんだろうか。












2009年03月01日

3月。春。

ノルディック複合で日本チームが14年ぶりに金メダルを獲得!!

いやーなんか一気に春が来た感じですね。荻原健司を擁して世界を制したのも遠い昔、荻原氏もいまや参院議員ですからねぇ。ルールも変わったけど、時代も変わったものです。

まあアメリカチームが失格になるとか、フィンランドもメンバーが万全じゃなかったとか運にも助けられたみたいですが、それも実力が伴ってこその結果。やってやれない事はない、やらずにやれれば超ラッキー!次のバンクーバー五輪目指し、頑張って欲しいものです。
そのためにもスポーツ支援をもうちょい手厚くしないとね。。。

と言うわけで春っぽい写真を。

nanohana02.jpg

nanohana03.jpg

nanohana04.jpg

しかし・・・また日テレか。予想通りバンキシャの誤報。
春ですねぇ。。












広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。