2009年02月26日

アカデミー賞の裏で。。。

アカデミー賞で日本映画がダブル受賞!

と言うことで、今年のアカデミー賞。

なんか話題になってるけど、外国語映画部門で滝田洋二郎監督の「おくりびと」が、そして短編アニメ部門で加藤久仁生監督の「つみきのいえ」がそれぞれ受賞を果たし、「千と千尋」以来、久しぶりに日本映画の嬉しい受賞となった。「おくりびと」は面白いらしいですねぇ。まだ劇場でやってんだろうか。「つみきのいえ」はDVD置いてるトコ探さないと。

まあ「日本映画の実力が評価された!」とまで言うつもりはないけど、どちらも面白そうだし、後はタイミングに恵まれたと言うか、「CHANGE」に象徴されるように変化を欲する風潮にうまく乗った結果のような気も。サプライズ受賞だったみたいだし。


蛇足ながら、邪推するとアメリカ様のプレゼント受賞なんて考えも浮かんでくる。折りしも麻生首相がオバマ大統領とスクランブル会談というタイミング。賞をくれてやったんだから、カネを出しやがれ、というワケ。
ドルを支えてね、米国債も買ってね、ついでにアフガンや基地移転にも協力しろよ、F-22も買えよ、郵政民営化も早くやりやがれ、それからそれから・・・

まあ妄想ならいんですけどね。どんなにか。でも中川財務相もハメられて辞任したしね。


ちなみに。
「ローマで中川財務相が何をしたか」ですが、大マスコミ様が流したのはもうろう会見くらい。IMFに外貨準備から1000億ドル貢ぐ約束してきたとか、バイ・アメリカン条項に懸念を示したとか結構いろいろやってきてる訳で。そこんとこ、公平に報道してもらいたいものです。
一方でいまだに中川氏叩きをしてる某新聞。越前谷知子記者のコト報道しないのはなんでだろーねー??



2009年02月09日

ルパンVSコナン! こ、、これは・・・

なんと、なニュース。
皆様ご存知、かの有名なルパンとコナンがアニメで対決すると言う。

ルパンは分かるとして、相手はあのコナンだ。
いかに斬鉄剣を持つ石川五ェ門が仲間とは言え、強靭な肉体を持つ勇士が相手では壮絶な死闘が繰り広げられること必至・・・
えっ? 
コナンでしょ??
conan1.jpg


・・・ああ、アニメの話でしたね。なんかおかしいと思いました。
しかし周知の通り、コナンは巨大な飛行機を落とすほどの驚異的な馬鹿ヂカラを持つ野生児である。やはり壮絶な死闘が繰り広げられること必至・・・
えっ? 
アニメのコナンだよね??
conan2.jpg


・・・どうやら間違いみたいでした。
ルパン三世と対決するのは「名探偵コナン」の江戸川コナンです。
lupin+conan.jpg
(上記毎日新聞の記事より)

記事によると『アニメ版「ルパン三世」を手がける日本テレビの開局55周年と、「名探偵コナン」の読売テレビの開局50周年を記念した』アニメだそうで『ある財宝を盗もうとするルパンと、それにまつわる事件に巻き込まれるコナンが運命的な出会いを果たすというオリジナルストーリー』だそう。

『制作を手がける日本テレビの中谷敏夫プロデューサーは「プロレスで言えば『ジャイアント馬場対アントニオ猪木』、映画で言えば『ゴジラ対ガメラ』が実現したようなもの。2大スターの競演を楽しみにしてほしい」とコメントしている。』

バーロォwwwww
それを言うなら異種格闘技の「猪木VSアリ」だろうが。それか日米怪物対決の「キングコングVSゴジラ」。いずれにせよ、ルパンとコナンを同列に扱うこの愚かさ。たわけめ。
その前にこんなクソ企画やろうとしてる奴は馬場と猪木とゴジラとガメラに謝れ!いやホントに。あまりに無節操、不謹慎、非国民とは言わないが(言ってるって)どうなのよ、ねぇ?


だいたい作者や出版社の違いを越えた夢の対決!と煽った所で、ルパンは最初から犯人と分かっているから、コナンが推理する出番なぞない。そして泥棒と探偵という両者はどちらもヒーロー。となると「共闘」「協力」のシナリオしかありえない。そしてサブキャラも2倍になってちょっとずつの出番でオシマイ。ツマラナイものになるのは規定路線。

まあ何というかこういう企画が出てくるなんてスゴイ時代であることよ。(感嘆)










2009年02月02日

全仏、全英、そして全豪までも・・・!

???]????.jpg
絶望した! ナダルの優勝に絶望した!
(ゴメンヨ世界中のナダルファン)

まあ・・・俄かテニスファンがうだうだ言った所で、どうにもならないんだけど、それでも言いたい。
フェデラーに勝って欲しかった。

今年のテニス4大大会の幕開け、全豪オープン。錦織圭の初出場、クルム伊達の復帰、杉山愛のダブルス準優勝など話題に事欠かなかったが、個人的興味は男子シングルス。もちろんフェデラー1点買い。

だったのだが結果はナダルの初優勝。取りつ取られつのフルセット、4時間を越える熱戦。鋭い強打と驚異の粘りが相手のミスを呼ぶ。まるで去年のウィンブルドンを見ているかのようだった。(試合見てないけど)

やっぱ第1セット取れなかったのが大きかったなー。
(でも見てない)
それに第3セットのタイブレークは落とせなかったのになー。
(それでも見てない)
いややはり最終セットが、て試合見てーなー。くそ。

フェデラーも上り調子だったのに、それでも今のナダルはそれを凌駕する。悔しいが超強い。どのくらいかと言うとケンシロウくらい強い。いやヒグマドンくらい強い。いやいやナッパ様くらい強い。何を言うかクラウザーさんくらい強い。だが最強はやはり黒沢だろう。(もはや何がなんだか)

こうなったらヤケ喰いで、ハバネロのチョコ味でも食ったろかーー。











広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。